ケータイ辞書JLogosロゴ 阿良川村(近世)


埼玉県>加須市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡羽生【はにう】領のうち。古くは太田荘に属したという。はじめ幕府領,のち川越藩領,元禄年間旗本藤堂・内藤両氏の相給となり,幕末に至る。検地は正保4年。村高は「田園簿」で825石余,田258石余・畑566石余,「元禄郷帳」で858石余,以後変わらず。地内の南西にある利根川本囲堤は騎西,幸手【さって】領の水防のため設けられたが,寛保2年の洪水時に破損し,京極佐渡守によって修理されたと伝え,串作【くしつくり】にまで及ぶ。村の規模は東西10町・南北9町余。化政期の家数112軒。用水は下須戸村の星川から引水。鎮守は天神社,ほかに神社は雷電社・千方明神社。寺院は新義真言宗常徳寺,戦国期の開基と伝える曹洞宗玉泉寺。高札場は村の中央・東部の2か所。小名は前新田・堤田・新田・堀内。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数125・人口614,馬25,水害予備船2。物産は米・大麦・小麦・大豆のほか青縞・白木綿を生産し,米麦の余剰とともに行田町へ出荷。同12年北埼玉郡に所属。同22年志多見村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285305
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ