ケータイ辞書JLogosロゴ 荒川村(近世)


埼玉県>花園町

 江戸期〜明治22年の村名。榛沢郡鉢形領のうち。古くは萱苅【かやかり】荘に属したという。はじめ加々美・小宮山両氏の知行で,正保年間には加々美氏知行分が須田氏の知行地と幕府領となる。のち元禄年間に幕府領は旗本内藤・大久保両氏の知行となる。村高は「田園簿」では194石余,すべて畑。「元禄郷帳」では320石余,「天保郷帳」では331石余,「旧高旧領」では320石余。検地は幕府領が文禄4年(検地帳が現存)・元和6年・寛文12年・延宝4年の4回,須田氏分は万治4年,小宮山氏分は承応3年に実施(持田家文書)。村の規模は東西8町余・南北25町余で,村の中央部を東西に中山道熊谷【くまがや】宿から秩父【ちちぶ】への往還,ほかに江戸板橋から上野【こうずけ】国へ行く脇往還の2本が通過。寛保2年の戸数140・人口671,文政5年104戸,天保9年91戸・398人,安政2年75戸・375人,慶応元年97戸・500人(花園村史)。農間稼ぎは男薪作り,女は・木綿の織出しをした。鎮守は春日社,ほかに2社。寺院は新義真言宗寿楽院。高札場は2か所。世襲名主は太郎兵衛家で中世荒川衆の頭領持田氏。また荒川渡しは文化12年から始まり,渡船舟賃収入は,赤松村と当村とで等分された。天保9年には荒川村と黒田村との間に渡船場訴訟が起こり,翌10年には荒川村と赤浜村との間で境界相論が起こっている。また明和元年の伝馬騒動には当村から村役人が参加している。小名には,只沢・川端・田端・かちがやと・ほそかひと・上宿・下宿・いちの堀・大塚がある。明治9年埼玉県,同12年榛沢郡に所属。明治9年の戸数117・人口588。農業・養蚕業が盛んで,物産は大麦・小麦・繭・生絹・蚕卵種・アユ。同22年花園村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285308
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ