ケータイ辞書JLogosロゴ 飯塚村(近世)


埼玉県>岩槻市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡岩槻領のうち。古くは箕輪【みのわ】郷騎西【きさい】荘に属したという。はじめ岩槻藩領,宝暦6年からは幕府領。検地は寛永5年。村高は「田園簿」で719石余,うち田314石余・畑404石余。延宝8年では,村高732石余,人口男176・女145,家数本百姓50軒・水呑7軒,寺数3か寺を数える。岩槻城の支配筋は下郷筋に属す(吉田文書)。貞享3年は,村高728石余のほかに新田4石余,野銭永384文・柳原銭藍瓶役鐚2貫64文,見取場田畑5町1反5畝6歩(松平文書)。元禄末期の小笠原氏支配時の村高は732石余で,うち53石余が名主・組頭の役高。岩槻城の支配筋は真福寺筋に属す(光山文書)。「天保郷帳」では783石余。化政期の家数90軒。村の規模は東西23町・南北1町余。村内に御下道とよぶ日光御成街道の脇道が通る。鎮守は久伊豆社,神社はほかに諏訪社・八幡社。寺院は新義真言宗密厳院・曹洞宗法華寺。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数92・人口443,馬8,水害予備船12・田船7,荷車4。物産は米・小麦・大豆・小豆・甘藷,余りは岩槻町・粕壁【かすかべ】宿へ出荷。同12年南埼玉郡に所属。同22年和土【わど】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285354
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ