ケータイ辞書JLogosロゴ 飯塚村(近世)


埼玉県>花園町

江戸期〜明治9年の村名北飯塚・上飯塚・上郷【かみごう】ともいう榛沢【はんざわ】郡鉢形【はちがた】領のうち古くは藤田郷萱苅荘に属したという県北部の櫛挽【くしびき】台地上にあり,東半分は標高95〜120mの平地状,西半部は急傾斜となって西にのび,頂点330mの鐘撞堂【かねつきどう】山が村境東西に細長い形状をなす現在の花園町大字武蔵野のうち飯塚の地域平安末期に武蔵七党猪俣党に属する飯塚掃部氏行が居館した地で(七党系図/埼玉叢書4),館跡や板碑など中世石造遺物が多数遺存地名の初見は,文禄元年と推定される辰3月大久保長安・伊奈忠次連署「武川衆知行書立」の一書中に「三百拾三石八斗八升飯塚之郷内ニ而」と見え,甲斐武川【むかわ】衆の一人米倉主計助忠継の知行であった(田中家文書/埼中)はじめは現在の大字武蔵野全体の地を包含して上飯塚と称していたが,「承応年中村高を割き飯塚村」など「五ケ村に分郷」したという(郡村誌)正保以降米倉氏の知行は上知され幕府領,文政7年清水家領,さらに文政13年忍【おし】藩領となる検地は元禄10年・延享2年の新田検地(林畑・秣場24町余,32石余で幕府代官支配地)の2回(花園村史)村高は,上飯塚村と称した分村以前を示す「田園簿」では480石余,うち田98石余・畑382石余,宝永7年は211石余(持田家文書)「天保郷帳」(飯塚村原宿分を引いた石高)「旧高旧領」は243石余村の規模は東西20町余・南北9町余鎮守は十二社権現社,寺院には,山の突端部に元亀3年僧大庵起立を伝える曹洞宗大通寺,新義真言宗蓮台寺・宝性寺・万福寺がある化政期の家数90軒,天保2年戸数80・人口309(花園村史)地租改正の折,村境の入り組みが複雑で1村限りの地積調査不可能につき,旧5か村は明治9年5月合併し武蔵野村となる(花園村史)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285364
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ