ケータイ辞書JLogosロゴ 飯塚村原宿(近世)


埼玉県>花園町

江戸期〜明治9年の村名榛沢【はんざわ】郡鉢形【はちがた】領のうち平らな櫛挽【くしびき】台地上に位置する現在の飯塚・原宿の一部「郡村誌」に「往古は飯塚村と称せしが,承応年中村高を割き飯塚原宿村」など「五ケ村を分郷す」とある分村は村境の明らかな地縁的まとまりを持った方法でなく,いわゆる村高を割いた行政上の分村である検地は元禄10年「田園簿」にある旗本横田氏知行の一部が当村と推定されている幕末の村高は109石余(旧高旧領)明治9年の戸数33戸地租改正の折,村境の入り組みが複雑で1村限りの地積調査不可能につき,旧5か村は明治9年5月合併し武蔵野村となる(花園村史)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285365
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ