ケータイ辞書JLogosロゴ 伊佐沼村(近世)


埼玉県>川越市

 江戸期〜明治22年の村名。入間郡河越【かわごえ】領のうち。古くは山田荘三芳野里に属したという。川越藩領。ただし,慶長6年9月15日の本多刑部左衛門社領寄進状によれば氷川神社へ「いさぬまにて 土田 壱反歩」等を寄進したとあり,当時本多氏の知行があったことがわかる。検地は慶安元年・明暦3年。新田検地は享保19年。村高は「田園簿」では263石余,うち田242石余・畑20石余,「元禄郷帳」280石余,「天保郷帳」320石余。村の規模は東西5町余・南北4町余。化政期の家数40軒余。用水は赤間【あかま】川の水を引いて利用。水田が多い。村民は農間には伊佐沼で漁撈をし,あるいはレンコンを採り川越へ出荷したという。伊佐沼は長さ17町・幅3町余で,当村と古谷上【ふるやかみ】村・鴨田村3か村の入会の沼であった。神社は第六天社・稲荷社。寺院は天台宗冷水山医王寺。高札場は村の中央部。小名は横堤・折戸・北かぶ・南かぶなど。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数52・人口300,馬32,漁船11・水害予備船7。物産は米。同12年入間郡に所属。同22年芳野【よしの】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285402
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ