ケータイ辞書JLogosロゴ 石間村(近世)


埼玉県>吉田町

 江戸期〜明治22年の村名。秩父【ちちぶ】郡のうち。古くは武光【たけみつ】荘に属したという。はじめ幕府領,明和3年からは旗本松平氏の知行。村高は「田園簿」では195石余,「元禄郷帳」では324石余,「天保郷帳」では326石余。村の規模は東西18町余・南北2里。化政期の家数160軒。田はなく陸田・焼畑だけの山村であったという。寺院は曹洞宗竜福寺・同竜昌寺,鎮守は鹿島社・八幡社,神社は十二天社。高札場は村の中央に1か所。小名は漆木【うるしぎ】・沢戸・半納など。明治7年石間小学校を開設,生徒数50。同9年埼玉県に所属。同年の戸数175・人口855,馬97。物産はウサギ・キビ・ヒエ・桑・カキ・マツタケなど。明治12年秩父郡に所属。同22年上吉田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285405
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ