ケータイ辞書JLogosロゴ 石神村(近世)


埼玉県>上里町

 江戸期〜明治22年の村名。賀美【かみ】郡のうち。古くは富士沢郷和尚荘に属したという。はじめ幕府領,正保年間には幕府領と旗本野々山・美濃部・須田・中根氏の相給,のち野々山・美濃部氏知行は伏見・石丸氏知行となり,享保17年幕府領と伏見・石丸・黒田・須田・中根氏の相給,文化9年幕府領は旗本田中・鈴木氏知行となり,幕末には旗本須田・中根・伏見・石丸・黒田・田中・鈴木氏の相給。村高は「田園簿」では610石余,「元禄郷帳」では693石余,「天保郷帳」では893石余。村の規模は東西14町半・南北28町。高札場は2か所。村内を中山道が通り,児玉郡本庄宿(本庄市)から,神流【かんな】川を越えて上野【こうずけ】国緑野郡新町宿(群馬県新町)に至る途次の中ほどであった。鎮守は石神社,ほかに5社。寺院は新義真言宗石神山養善寺・同大日山照蓮寺・曹洞宗安盛寺。安盛寺はもと実弘寺と号し,開山は天文初年で,慶安2年寺領13石を拝領したという。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数161・人口737,馬43。村の南の安盛寺に公立小学校があり生徒数50。物産は米・麦・蚕卵紙・生糸・生絹・太織。民業は農桑155戸,女は紡織・養蚕をなす者320人。明治12年賀美郡に所属。同22年神保原【じんぼはら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285412
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ