ケータイ辞書JLogosロゴ 今市村(近世)


埼玉県>寄居町

 江戸期〜明治22年の村名。男衾【おぶすま】郡鉢形【はちがた】領のうち。古くは高見郷に属したという。もと比企【ひき】郡高見郷のうちであったが,正保国絵図では分村して記載されている。はじめ武川衆の1人柳沢氏の知行,正保年間は旗本稲垣氏の知行,寛延年間からは旗本堀田・阿部両氏の相給。のち堀田氏知行分は幕府領,安永年間に幕府領の一部は旗本駒井氏の知行となる。検地は不詳。村高は「田園簿」で206石余,うち田48石余・畑157石余,「元禄郷帳」303石余,「天保郷帳」324石余。村の規模は東西12町・南北16町。化政期の家数80軒余。文政10年の組合村構成では寄居【よりい】寄場組合に属す。中山道の裏街道の宿駅で,江戸方面へは比企【ひき】郡奈良梨【ならなし】村,上野【こうずけ】(群馬県)方面へは赤浜村に継ぎ送った。宿の両端には地蔵堂・薬師堂。鎮守は児泉明神社,小名冬住山には浅間社があり,神社はほかに2社。寺院は領主柳沢信俊の開基という天台宗高蔵寺と,曹洞宗土峯山泉立寺で,泉立寺は朱印15石を拝領。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数84・人口331,馬34,物産は米・麦・繭・綿・炭など。同12年男衾郡に所属。同22年男衾村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285555
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ