ケータイ辞書JLogosロゴ 今市村(近世)


埼玉県>越生町

江戸期〜明治6年の村名県南部,越辺【おつぺ】川右岸に位置する古くより市場が存在し,「越生【おごせ】の今市」あるいは「越生」とも呼ばれていたという(新編武蔵)入間【いるま】郡のうち越生郷16か村の本村古くは越生荘高麗【こま】領越生郷に属したという中世越生郷の中心地で,「法恩寺年譜録」所収の室町期から戦国期にかけての文書中に,同村の小名が散見されるはじめ甲斐【かい】国武川【むかわ】衆の知行で,天正20年と推定される辰3月3日の徳川家奉行連署知行書立写には「今市之郷」として131石余が記されているまた戌4月2日の伊奈忠次知行書立写には今市分21石余が替地として武川衆に宛てられている(甲州古文書2)のち幕府領,元禄年間からは上総久留里藩領ほかに正保の頃から竜穏寺領(100石)・法恩寺領(20石)・正法寺領(10石)があったが,竜穏寺領は元禄の頃竜ケ谷【たつがや】村となったまた当村の北にある持添新田は幕府領検地は寛文8年,新田検地は明和9年村高は「田園簿」では182石余,うち田92石余・畑90石余,「元禄郷帳」では342石余,「天保郷帳」では345石余村の規模は東西・南北ともに10町化政期の家数114軒神社は天平宝字元年の勧請と伝える八幡社など寺院は新義真言宗法恩寺・同随光寺・同法蔵寺・臨済宗正法寺高札場は小名下町に1か所小名は倉田・栗坪・栃島・上台・岡崎など明治6年越生村と改称現在の越生町大字越生のあたり
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285557
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ