ケータイ辞書JLogosロゴ 岩槻宿(近世)


埼玉県>岩槻市

 江戸期〜明治6年の宿名。埼玉郡岩槻領のうち。岩槻藩領。岩槻城下9町(渋江町・田中町・久保宿町・市宿町・横町・新町・富士宿町・林道町・新曲輪町)と4新田(江川新田・掛新田・佐太夫新田・長左衛門新田)の総称。検地は明暦2年。石高は「田園簿」では岩付町として2,213石余。宿高は延宝8年の宿帳によると,宿内を二分して東原地744石余・西原地1,469石余府内分とあり,貞享3年の「郷村高帳」には東原地744石余・西原地1,692石余,ほかに新田104石余,野銭永3貫955文・藍瓶役鐚2貫848文・見取場田畑36町1反9畝3歩とある。宿の規模は東西11町・南北15町余。化政期の家数560軒余。用水は天水を利用。日光御成街道の宿駅の1つで,毎月1・6の日に六斎市が立ち,土地の産物であるネギ・ゴボウ・米・木綿などが売買されたという。宿は惣構と称する土塁に囲まれ,市宿口・諏訪小路口・旦過口・林道口・田中口などに番所を置いた。天保年間の「宿村大概帳」によると岩槻宿合高3,172石余,人数3,378(うち男1,648・女1,730),宿内惣家数778軒(うち本陣1軒・脇本陣1軒・旅籠屋10軒),宿立人足25人・馬25疋である。明治4年埼玉県に所属。同6年岩槻城跡および士族屋敷の地は太田町となり,そのほかは岩槻町と改称。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285606
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ