ケータイ辞書JLogosロゴ 大塚村(近世)


埼玉県>小川町

 江戸期〜明治12年の村名。比企【ひき】郡のうち。古くは増尾郷那賀【なか】荘玉川領に属したという。はじめ幕府領,元禄11年からは旗本金田氏の知行,幕末には幕府領となる。検地は慶長2年・寛永6年・寛文8年。村高は「田園簿」で198石余,うち田23石余・畑175石余,「元禄郷帳」では360石余,「天保郷帳」では372石余。村の規模は東西17町・南北9町余。化政期の家数82軒。天保9年の家数145軒(小川町史)。溜池を用水に利用。慶安年間頃より鉢形【はちがた】城落城によりさびれた東秩父の安戸【やすど】(現東秩父村大字安戸)にかわって当地に市が立ったが,寛文2年より小川村に市が移転したために,秩父街道の小川より上に家並みを移して対抗し,この家並みを相生町と通称した。天明3年には大塚村に新市を立てたことから小川村との間で市場出入が起き,その後もたびたび小川村との境出入が起きた(小川町史)。幕末には当村に生糸改会所が置かれた。高札場は村の中央。神社は八幡社で,慶安元年朱印10石余を拝領。寺院は曹洞宗大梅寺,普化宗光園寺。大梅寺は慶長元年に朱印5石を拝領。梅岑寺は八幡社の別当寺であった。小名は帝・的場・蟹沢など。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数181・人口677,馬18,人力車5・荷車10,物産は繭・米・コウゾ,薄薦・細川紙など。明治12年郡区町村編制法施行により,同郡内に同名村があったため西大塚村と改称。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285918
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ