ケータイ辞書JLogosロゴ 大淵村(近世)


埼玉県>皆野町

 江戸期〜明治22年の村名。秩父郡のうち。古くは白鳥【しらとり】荘に属したという。はじめ幕府領,天明4年下総関宿【せきやど】藩領,同7年からは再び幕府領。村高は「田園簿」で129石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに145石余。検地は慶安5年。慶長3年6月6日の御坪入帳には「秩父郡大淵村」と見える(金室文書)。村の規模は東西約20町・南北2〜7町。化政期の家数61軒。用水は溜井・谷水を利用,溜井は小名一貫目にあり,長さ10間・幅3間。しばしば旱損を受ける。農間には男は薪伐出し,女は養蚕・絹織。産物は絹・タバコ・干柿など。荒川に渡船場であるくりや瀬の渡しがあった。延享元年の村鑑帳によれば家数60軒・人口300,馬22であり,米の質が悪いので年貢を金納していることがわかる(村明細帳集成)。鎮守は熊野社,神社はほかに椋社・諏訪社・天狗社・羽黒社など。寺院は曹洞宗長楽寺・嶺松寺。名主は赤平川より出す材木改めをつかさどる政吉。高札場は村の中央。小名は下殿・くろうほ・落合・陽之場・をりうかいとなど。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数65軒・人口320,馬18,荷車1。物産はアユ・雑魚・里芋・コンニャク・木綿縞・コウゾなど。同12年秩父郡に所属。同15年の大火で大きな被害を受ける。同22年国神【くにかみ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7285993
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ