ケータイ辞書JLogosロゴ 岡崎村(中世)


埼玉県>越生町

鎌倉期に見える村名入西【につさい】郡越生【おごせ】郷のうち初見は正和元年7月28日の狩野貞親知行宛行状(萩藩閥閲録3)同宛行状は越生七郎光氏の所領岡崎村田畠在家等と貞親の所領石見国加志岐別符【かしきべつぷ】(島根県江津【ごうつ】市)の5分の1とを交換し,光氏に加志岐別符の5分の1の知行を命じたものである同宛行状が唯一の史料で,南北朝期から戦国期に岡崎村は見られないが,越生郷の中心地であった江戸期の今市村(現越生町大字越生)内の小名として岡崎が見える(新編武蔵)現在の越生町大字越生字岡崎周辺に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286093
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ