ケータイ辞書JLogosロゴ 岡下村(近世)


埼玉県>岡部町

江戸期〜明治13年の村名県北部,櫛挽【くしびき】台地の北部に位置する榛沢【はんざわ】郡岡部領のうち古くは大寄郷藤田荘に属したという当村の名主金右衛門の先祖四郎右衛門が天正年間に開発したと伝えるが,正保年間には1村として見えず,「元禄郷帳」に「岡下村新田」と見え,享保年間から岡下村と称したという天正18年幕閣の一員安部氏の知行,宝永2年岡部藩領,明治元年からは三河半原藩領検地は明暦2年村高は「元禄郷帳」で219石余,以後変わらず村の規模は東西5町余・南北5町中山道が村の南端を通り,化政期の家数5軒鎮守は弁天社なお,村の開発者である四郎右衛門はその功により2町9反余の除地を許されている明治9年埼玉県に所属同年の戸数13・人口55,馬2飛地は岡村のうちに2か所物産は米・麦・大豆・桑・繭・生絹・太織同12年榛沢郡に所属同13年岡村に合併現在の岡部町岡のあたり
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286094
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ