ケータイ辞書JLogosロゴ 小川町(近代)


埼玉県>小川町

 明治22〜30年の比企郡の自治体名。小川村・西大塚村・下里村・角山【かくやま】村が合併して成立。大字は小川・大塚・下里・角山の4大字。役場を大字小川に設置(合併史),のち大字大塚に移転。町名は合併4か村の中心であった村名を継承。明治22年の人口4,067,世帯・人口は大正9年1,262・6,603,昭和15年1,506・7,700。明治45年小川郵便電信局内で電話通話事務開始。大正3年武蔵水電株式会社小川出張所(現東京電力小川出張所)開設,配電開始。同12年大字大塚に東武東上線小川町駅,昭和9年国鉄八高線小川町駅が営業開始(現在は東武東上線に委託)。同10年県立製紙研究所(現県製紙工業試験場)開所。大正14年小川実習女学校開設。昭和2年小川実科高等女学校,同3年県立小川高等女学校,同23年県立小川女子高校,同24年県立小川高校となる。同24年県立小川高校定時制中心校開設。同22年小川中学校開設。槻川の氾濫により明治43年被害113戸・田畑22町・死傷者1,昭和22年カスリン台風により,浸水家屋1,358戸・流失家屋1戸・被害田畑6町5反。昭和30年八和田【やわた】村ほか2か村と合併して現行の小川町となる。各大字は同町の大字として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286115
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ