ケータイ辞書JLogosロゴ 荻原村(近世)


埼玉県>入間市

江戸期〜明治8年の村名県南部,不老【としとらず】川流域の台地・丘陵に位置する入間【いるま】郡山口領のうち古くは宮寺郷に属したという慶安年間に宮寺町が11か村に分村して成立郷帳類には「宮寺 荻原村」と見える旗本伊達・大森氏の相給検地は元禄3年村高は「元禄郷帳」217石余,「天保郷帳」230石余村の規模は東西・南北ともに5町余化政期の家数30軒耕地は陸田のみ鎮守は中野村の寄木明神社寺院は新義真言宗西勝院無量寿寺で,当寺は武蔵七党村山党の村山頼任二男宮寺五郎家平の館跡といわれ,平治の乱後家平が入道して西勝法師を名のり,住職になったと伝えている高札場は村の中央部小名は上宿・的場・柳沢新田など安政年間には多摩郡石畑村(東京都瑞穂【みずほ】町)と入会地境界論がおこり,駒形・坊・殿ケ谷・箱根ケ崎村の名主が仲裁にはいり,同年4月3日に解決した(瑞穂町史)明治8年小ケ谷戸村ほかと合併して宮寺村となる現在の入間市大字宮寺のうち
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286125
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ