ケータイ辞書JLogosロゴ 桶川宿(近世)


埼玉県>桶川市

 江戸期〜明治22年の宿名。足立【あだち】郡大谷領のうち。古くは桶川郷に属したという。はじめ桶川村と称し,元禄年間までに町立てされ,やがて中山道の宿場として発展したという。はじめ旗本西尾氏の知行,元和4年幕府領,寛永16年からは忍【おし】藩領。検地は元禄7年。村高は「田園簿」で桶川村と見え572石余,うち田83石余・畑489石余,「元禄郷帳」では桶川町と見え677石余,「天保郷帳」では桶川宿として722石余。宿の規模は東西25町・南北18町余。化政期の家数250軒余。しばしば水害・旱害の被害を受けた。中山道の宿駅として発達し,江戸からの行程は10里。付近では紅花の栽培が行われ,臙脂【えんじ】を作り桶川臙脂と称する。桶川宿の市は5・10の日に開かれ米穀の取引がなされる。高札場は村内を通る中山道の中央。鎮守は神明社。寺院は浄土宗浄念寺・曹洞宗大雲寺・新義真言宗南蔵院。明治4年埼玉県に所属。同5年桶川郵便局を開局。同年公立小学校(現桶川南小学校)を開校,同9年の生徒数218。同年の戸数436・人口1,805,馬5,人力車43・荷車20。飛地は上村のうち。男女ともに農業のほかに商業にたずさわる。物産は大麦・小麦・サツマイモ・繭・生糸・茶・酒など。明治12年北足立郡に所属。同16年国鉄高崎線が開通,同18年桶川駅(南1丁目)を開業,駅を中心とした商店街が形成されてきた。同22年桶川町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286137
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ