ケータイ辞書JLogosロゴ 桶川町(近代)


埼玉県>桶川市

 明治22年〜昭和45年の北足立郡の自治体名。桶川宿・大谷領町谷村・上日出谷村・下日出谷村が合併して成立。大字は旧村名を継承し,4大字を編成。町役場は大字桶川に設置。合併時の人口2,837。世帯・人口は大正9年735・3,796,昭和15年938・5,177,同25年2,026・1万303。荒川・元荒川の氾濫による風水害ではしばしば大きな被害を受け,明治23年には田畑60町,同31年には田畑20町余,昭和22年のカスリン台風では田畑7町余・浸水家屋11戸の被害を受けた。昭和25年の農家総数325。3反以下の経営規模を持つ農家が全体の3分の1を占め,商業への依存度が高いことを示している。昭和30年1月加納村,同年3月川田谷村を合併。同31年上尾町大字井戸木字後を編入,同年大字井戸木字後の一部を上尾町に編入。同38年大字川田谷の一部を川島村へ編入。同時に川島村大字出丸下郷の一部を編入。同43年大字上日出谷の一部を大字下日出谷に編入,同時に大字下日出谷の一部を上日出谷に編入。昭和42〜43年にかけ大字桶川・町谷・井戸木と大字下日出谷・上日出谷の各一部に住居表示が実施される。昭和45年桶川市となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286138
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ