ケータイ辞書JLogosロゴ をより(中世)


埼玉県>吉田町

戦国期に見える地名県西部,上武【じようぶ】山地の南側,女形川・小川・吉田川流域の山間地に位置する山口上総守宛ての元亀2年4月7日の北条氏邦知行宛行状(山口文書)に「山中之内,一ケ所 あそう村 一ケ所 をより 一ケ所 なか嶋 以上, 於度々尽粉骨走廻,殊息孫五郎致討死候,忠節無比類候,為褒美,右三ケ村,令扶助者也」と見える「なか嶋」は「新編武蔵」に中島と見える上吉田村内の小名で,現在の吉田町大字上吉田西端の吉田川左岸の小字名をよりは「新編武蔵」には見えないが,吉田町大字上吉田周辺に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286228
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ