ケータイ辞書JLogosロゴ 角山村(近世)


埼玉県>小川町

 江戸期〜明治22年の村名。比企【ひき】郡のうち。古くは玉川領増尾郷那賀【なか】荘に属したという。はじめ幕府領,元文元年上野【こうずけ】沼田藩領,寛保2年より上総久留里藩領。村高は「田園簿」では138石余,うち田87石余・畑50石余,ほかに紙舟役250文,「元禄郷帳」では232石余,「天保郷帳」では237石余。村の規模は東西25町・南北8町。化政期の家数60軒。紙漉15軒。人口250(横川文書)。用水は天水・溜池を利用,しばしば旱損に悩む。高札場は村の中ほど。鎮守は八幡社,別当寺本山派修験正学院。寺院は曹洞宗東昌寺。小名は池田・忍田谷戸。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数82・人口447,馬22。物産は繭・米・ソバ・コウゾ・蚕種原紙など。明治12年比企郡に所属。明治22年小川町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286261
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ