ケータイ辞書JLogosロゴ 加藤村(近世)


埼玉県>吉川市

 江戸期〜明治22年の村名。葛飾【かつしか】郡二郷半領のうち。古くは八木郷風早荘に属したという。幕府領。慶長年間,伊奈忠治の指導の下に,もと岩付太田氏に仕えた加藤五郎左衛門なる人物が開発したという。村高は,「田園簿」では488石,うち田418石余・畑69石余,「元禄郷帳」では311石余。村高の減少は皿沼【さらぬま】村を分村したためと思われる。「天保郷帳」では315石余,「旧高旧領」では320石余。村の規模は東西12町・南北5町。化政期の家数42軒。用水は新田方用水を利用。江戸川には河岸場が設けられ,また対岸下総【しもうさ】国葛飾郡新宿村(現千葉県流山【ながれやま】市)への渡し場があった。鎮守は香取社,ほかに神社は天神社・水神社。寺院は法華宗竜泉山頂源寺,新義真言宗普賢院など。高札場は村の東部にあり,小名には前・裏がある。明治4年埼玉県,同12年北葛飾郡に所属。明治9年の戸数46・人口271,馬9,荷船1・小船5・水害予備船30。物産は米・大麦。明治22年三輪野江村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286373
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ