ケータイ辞書JLogosロゴ 上大越村(近世)


埼玉県>加須市

江戸期〜明治8年までの村名県北東部,利根【とね】川右岸の自然堤防上に位置する埼玉郡羽生【はにう】領のうち古くは太田荘葛浜【くずはま】郷に属したという「新編武蔵」では正保〜元禄年間に大越村が上・下に分村したといい,承応年間に上・下2村の各一部を合わせて中大越村を分立したというまた,「郡村誌」では上・下の分村は承応2年,中大越村は貞享4年下大越村からの分立というはじめ幕府領,貞享4年甲府藩領,宝永2年旗本井上・大沢氏の相給井上氏の知行は,正徳3年常陸【ひたち】下妻藩領,宝暦13年幕府領,明和7年川越【かわごえ】藩領,文政4年再び幕府領,同7年からは忍【おし】藩領・下総【しもうさ】古河【こが】藩領・上総【かずさ】請西藩領となる検地は承応2年利根川のあたりに上・中・下3か村入会の新田があり,検地は貞享4年で幕府領村高は「元禄郷帳」では2,264石余,「天保郷帳」では2,348石余化政期の家数245軒用水は稲子用水を引く鎮守は上・中・下3村の鷲尾明神社寺院は新義真言宗宝幢寺高札場は1か所小名は館野・別所・中内・元内・畑中・前田・樋口・長竹・笹道番場原・大蔵・堤崎明治4年埼玉県に所属同8年下大越村と合併し,大越村となる現在の加須【かぞ】市大字大越のうち
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286490
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ