ケータイ辞書JLogosロゴ 上加納村(近世)


埼玉県>桶川市

江戸期〜明治7年の村名県東部,元荒川右岸の台地上に位置する足立【あだち】郡鴻巣【こうのす】領のうち古くは深井荘に属したというもとは上加納村・下加納村で1村であったと思われるが,寛永年間頃の水帳に下加納村のものがあることから,この頃分村したと推定されるはじめ幕府領,元禄11年多聞氏知行検地は寛永6年村高は「田園簿」362石余,うち田87石余・畑274「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに367石余上加納村・下加納村は村域が渾然として明瞭にしがたいという両村あわせて東西17町余・南北13町余化政期の家数は80軒余しばしば水害・旱害を被る小名は笹原弥次郎・堀ノ内・本村・蔵しきなど元荒川沿岸の川辺に上加納村・下加納村両村の飛地がある高札場は1か所村内の氷川社は当村と下加納村の鎮守ほかに第六天社寺院は新義真言宗光照寺茂七家は上加納村の旧家である勘太夫家の分家明治7年下加納村と合併して加納村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286519
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ