ケータイ辞書JLogosロゴ 上川崎村(近世)


埼玉県>鷲宮町

 江戸期〜明治22年の村名。葛飾【かつしか】郡幸手【さって】領のうち。古くは田宮荘に属したという。はじめ幕府領,元禄14年からは旗本久津見氏の知行地。最終検地は元禄8年。「田園簿」には三川崎村と見え,元禄8年に分村。村高は「元禄郷帳」では399石余,以後変わらず。村の規模は東西9町余・南北11町。化政期の家数45。用水は葛西【かさい】用水を利用。助郷は幸手宿に出役。鎮守は香取社,寺院は曹洞宗正蓮寺・新義真言宗薬王院。高札場は1か所。旧家は伝左衛門家で,幸手の土豪一色氏の末裔である渡辺氏。明治4年埼玉県,同12年北葛飾郡に所属。明治9年の戸数50・人口260,馬11。物産は米・麦・大豆。地内には天明6年の洪水で生じた大池・内池,天保11年の洪水で生じた松山池・裏池などの池があった。明治22年八輪野崎【はちわのざき】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286530
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ