ケータイ辞書JLogosロゴ 上新郷(近世)


埼玉県>羽生市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡忍【おし】領のうち。古くは太田荘に属したという。忍藩領。検地は慶長13年と元禄9年。慶長13年の検地帳には「武州騎西郡忍領之内新郷」(下新郷,漆原文書)と見え,上・下の別なく記載されている。村高は「田園簿」で3,890石余,「元禄郷帳」3,215石余,「天保郷帳」3,529石余で,以後変わらず。元禄9年の検地では下新田が新田村として分村。行田【ぎようだ】宿(行田市)から上野【こうずけ】館林城下(群馬県館林市)へ至る日光裏街道の馬継場で,八王寺千人同心も日光勤番の折に当地を通り,5・10の日の六斎市が開かれにぎわった。本陣は須永家で,徳川家関係の絵画などが現存。利根川端の小名別所に川俣関所が忍藩管理で置かれ,河岸場としても開けていた。番士宅は石川家などで関係文書なども現存。また文禄3年,忍城主松平忠吉の家老小笠原吉次の指揮で,隣村上川俣村まで堤を築き,会ノ川の締切りが行われた(締切跡は現在県旧跡)。化政期の家数480軒。鎮守は愛宕社。寺院は浄土宗無遍山法性寺・曹洞宗高木山祥雲寺・天台宗川角山西福寺・新義真言宗愛宕山勝軍寺など。明治4年埼玉県に所属。同6年勝軍寺を校舎に仮用し上新郷学校を設置,生徒数は明治9年138。同年の戸数366・人口1,770,馬96,馬渡船2・人渡船1・小伝馬船2・川下小船1。物産は米・麦・大豆・小豆・アワ・ソバ・綿・清酒・白木綿・青縞・木綿縞・繭など。木綿類は行田・羽生【はにう】へ,繭は群馬県富岡へ出荷。明治5年西福寺は廃寺となる。上新郷連合村の発足により,上新郷・下新田両校を統合,祥雲寺に開校。明治10年〜大正8年,利根川に上新郷〜東京間を通う通運丸が営業。明治12年北埼玉郡に所属。同22年新郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286566
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ