ケータイ辞書JLogosロゴ 上名栗村(近世)


埼玉県>名栗村

 江戸期〜明治22年の村名。秩父【ちちぶ】郡のうち。古くは加治領武光【たけみつ】荘名栗郷に属すという。江戸期は幕府領。検地は寛文8年など2回。秩父往還が北方芦ケ久保(現横瀬)境界から南方下名栗境界に走る。子の山道が村の南東より北東に向かい,飯能【はんのう】道が村の南方より北に折れ,原市場との境界に通じていた。しかし山間村のため,原市場村へは仁田山峠,南川村へはあまめ指峠を北上して,横瀬町へは妻坂峠(中世は都摩坂)・豆口峠・山伏峠を越えねばならなかった。村の規模は東西4里・南北30町余。村高は「田園簿」では279石余(皆畑),「元禄郷帳」では420石余,「天保郷帳」では655石余と増加。化政期の家数291軒,山谷の間に散在。江戸期を通じて良材のスギ・ヒノキを産出し,猟師が多く,農民は畑作のほか炭焼きを業とし,筏師は材木を組み,江戸へ送った。幕府御用林は38町余。小名,宮の鎮守妙見社は応仁年間の再興といわれ,朱印地1石9斗,社殿は寛文3年の再建という。小名柏木の若宮八幡社は天正17年銘の鰐口を蔵す。ほかに7社。寺院は小名津辺曽に曹洞宗拈花山円正寺があり,土豪岡部氏の開基,ほかに医王寺・柏林寺・正覚寺など。村名主は町田姓の栄次郎宅,伝来された多数の近世文書は,現在学習院大学で保管。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数274・人口1,310。公立小学校が1校,生徒数は95。物産は杉丸太が年産5万本以上と多く,他に繭・生糸・木綿縞・茶・桑などを飯能町を経由して出荷。同12年秩父郡に所属。明治22年名栗村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286616
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ