ケータイ辞書JLogosロゴ 上谷ケ貫村(近世)


埼玉県>入間市

 江戸期〜明治22年の村名。入間【いるま】郡金子領のうち。古くは小谷田郷金子領桂荘に属したという。寛文5年谷ケ貫村が上・下に分村して成立。はじめ旗本大久保氏知行,延享4年田安家領となり,文政年間幕府領,文久元年一部は,旗本村垣氏知行。検地は寛文5年,村内南部の持添新田は宝暦8年・安永6年。化政期の反別17町余。村高は「元禄郷帳」291石余,その後開発が進み「天保郷帳」356石余。村の規模は東西4町・南北18町。化政期の家数60軒。耕地は陸田のみ。鎮守は八幡神社。寺院は新義真言宗西光院。同寺には古くから獅子舞が伝わり,現在市文化財となっている。寺子屋師匠の増岡広海は,文化6年この村に生まれ,文政18年恩師増岡伊兵衛亡き後塾を開き,明治26年に没するまで子弟の教育に専念した。彼の名声は各地に伝わり,弟子の数は500名にも達したという。西光院境内には広海の筆子碑,増岡家には塾舎・遺品が現存。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数69・人口380,馬3。飛地は花ノ木村内。物産は,繭・茶・木綿二子織・大豆。同12年入間郡に所属。明治22年金子村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286695
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ