ケータイ辞書JLogosロゴ 川口郷(中世)


埼玉県>加須市

 室町期〜戦国期に見える郷名。河口郷とも書いた。埼玉郡太田荘のうち。初見は鷲宮神社(鷲宮町)所蔵の神鐘銘で,「武州太田庄鷲大明神,施主河口郷藤内五郎敬白,文安二年乙丑五月四日」と見える。戦国期には鷲宮神社領となり,年未詳5月3日の鷲宮神領書上に「永銭五十貫文 但夏秋共ニ 鷲宮郷名川口」と見え(平塚文書),また天正18年6月5日の北条家印判状で鷲宮神領として「五拾貫文 鷲宮之内川口」が安堵されている(鷲宮神社文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286778
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ