ケータイ辞書JLogosロゴ 河田郷(中世)


埼玉県>桶川市

室町期から見える郷名足立【あだち】郡のうち応永4年7月20日の鎌倉公方足利氏満寄進状では円覚寺の塔頭黄梅院(神奈川県鎌倉市)に対し「相模国鎌倉郡小坪残半分」の替地の一部として足立郡「河田郷領家職内」「足立大炊助跡」を寄進したこの時期から河田郷の領家職を黄梅院が得たその後黄梅院雑掌が河田郷領家職を大井五郎左衛門尉に押領された旨を訴えたことに対し,正長元年8月22日の鎌倉府奉行人連署奉書では,黄梅院の知行を認めた旨を伝えている享徳6年4月13日の古河公方足利成氏の黄梅院領知行注文の中に「武蔵州河田村」が見える河田村は河田郷と同地域をさすものと思われる(黄梅院文書/神奈川県史・相州古文書)河田郷は現在の桶川【おけがわ】市大字川田谷【かわたや】付近に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286812
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ