ケータイ辞書JLogosロゴ 川藤村(近世)


埼玉県>吉川市

 江戸期〜明治22年の村名。葛飾郡松伏【まつぶし】領のうち。古くは八郷下河辺【しもこうべ】荘に属したという。幕府領。村高は,「田園簿」では「河藤村」として1,079石余で,うち田873石余・畑306石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」では1,489石余。村の規模は東西14町余・南北11町余。化政期の家数191軒。用水は東葛西【ひがしかさい】領および二郷半領新田組合の水を利用。鎮守は小名ごとにあり,本川藤は女体社,保村・榎戸は香取2社,前新田・後新田は稲荷2社,屋形前は天神・稲荷合社。ほかに神社は山王社など。寺院は新義真言宗宝性寺・同青雲寺・曹洞宗東泉寺・本山派修験大泉院など。高札場は村の西部。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数226・人口1,227,馬9,耕作小船135,荷車8。物産は米。村の中央に公立小学校を設置し,生徒数70。明治12年北葛飾郡に所属。同22年旭村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286832
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ