ケータイ辞書JLogosロゴ 騎西町(近世)


埼玉県>騎西町

 江戸期〜明治22年の町名。埼玉郡騎西領のうち。古くは山根荘に属したという。「新編武蔵」には,騎西町場と見え,私市城(山根城)の城下で,武家地を根古屋と呼び,市店の地を騎西町と呼称したという。「田園簿」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」すべてに町場と見える。天正18年,徳川家康の臣松平康重が2万石で入封。次いで慶長6年大久保忠常,寛永9年子の忠職【ただもと】の美濃国加納(現岐阜県岐阜市)に転封により廃藩。のち幕府領。寛永15年から川越藩領。ついで上野前橋藩領。町高は「田園簿」で392石余,「元禄郷帳」522石余,「天保郷帳」733石余で,幕末まで変わらず。化政期の家数226軒。検地は正保4年。高札場は町の中ほど。小名に牢屋敷・新田町・元町・中上町・中町・下中町など旧城下の町名を残すものが多い。神社は騎西領中の総鎮守の久伊豆神社。寺院は浄土宗大英寺で,天正18年松平氏入封時に建立され,寺領30石,のち50石となるが,寛永19年に30石に減少。当寺に小田原北条氏の寺領寄進状1通を所蔵(新編武蔵)。ほかに曹洞宗愛宕山善応寺・浄土真宗大久保山浄楽寺・新義真言宗実乗院。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数255・人口1,207,馬1。物産は米・麦のほか大豆・綿・清酒・醤油など。同5年,郵便取扱駅が置かれた(同26年騎西郵便局となる)。同6年2月,善応寺の本堂を仮用し騎西学校を設置。同20年大英寺を仮用し組合立騎西高等小学校設置。明治12年,北埼玉郡に所属。同22年騎西町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286865
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ