ケータイ辞書JLogosロゴ 北篠崎村(近世)


埼玉県>加須市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡羽生【はにう】領のうち。古くは太田荘に属したという。はじめ幕府領,元禄11年旗本中山氏と蜂屋2氏の相給となり,残余が同16年久喜【くき】藩領となる。久喜藩領はのち再び幕府領となり,一部が宝暦10年下総【しもうさ】佐倉藩領,慶応元年旗本津田氏の知行となり,残余は明和8年川越【かわごえ】藩領となる。川越藩領は文政4年幕府領,嘉永元年忍【おし】藩領,安政2年旗本白須氏知行となる。幕末には旗本白須・中山・蜂屋2氏の相給。検地は元禄10年。村高は「田園簿」で1,035石余,うち田215石余・畑820石余,「元禄郷帳」で,1,116石余,「天保郷帳」では1,110石余。村の規模は東西17町余・南北23町余。化政期の家数110軒。用水は北河原用水を使用。鎮守は白山・熊野合社,寺院は新義真言宗医王寺・浄土真宗安楽寺。高札場は6か所。小名は本田・うら川・九軒村・拾壱貫・又根・堂はし・中通。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数124・人口667,馬35,川下小船5・水害予備船44,荷車1・人力車1。物産は米・大麦・小麦・大豆・小豆・アワ・白木綿・木綿縞・青縞で,米麦などの余剰は縞木綿とともに加須【かぞ】町に出荷。同12年北埼玉郡に所属。同22年三俣【みつまた】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7286915
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ