ケータイ辞書JLogosロゴ 黒須村(近世)


埼玉県>入間市

 江戸期〜明治22年の村名。入間【いるま】郡のうち。古くは桂荘八瀬里に属したという。はじめ幕府領,正保年間からは旗本稲富氏の知行。検地は寛文6年。持添新田は幕府領で,検地は宝暦8年。村高は「田園簿」では63石,うち田7石余・畑55石余,「元禄郷帳」86石余,元禄期以降新田開発が盛んになされ,「天保郷帳」では350石余。村の規模は東西11町余・南北10町余。化政期の家数105軒。耕地は平坦で陸田が多く,たびたび旱損にみまわれたという。村内を八王子から日光への街道と江戸から秩父【ちちぶ】への街道が通る。地内に渡し場が3か所あり,いずれも秩父街道に連絡。鎮守は春日社。神社はほかに氷川社・天王社など。寺院は新義真言宗蓮華院・観蔵寺・大行寺。蓮華院の開山は寂蓮法師(寂年建仁2年),中興開山は覚常上人(寂年万治元年)で,慶安年間に観音堂料として朱印11石を拝領。また同寺の境内の観音堂は養老年中創建と伝えられ,本尊の千手観音像は行基作という。高札場は村の南西部。小名は上小屋・下小屋・大将軍。明治初年蓮華院を仮用して公立小学校開校,生徒数112。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数164・人口832,馬32,荷車20・人力車10。物産は繭・茶・木綿縞・清酒など。飛地が入間川村ほか4か村の入会地にある。明治12年入間郡に所属。同22年豊岡町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287159
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ