ケータイ辞書JLogosロゴ 神戸村(近世)


埼玉県>羽生市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡羽生【はにう】領のうち。古くは葛浜郷太田荘に属したという。はじめ羽生藩領,のち幕府領,ついで甲府藩領,のち再び幕府領,宝永2年旗本藤枝・戸田両氏の相給,天明5年旗本藤枝氏知行は幕府領となり,寛政2年からは陸奥【むつ】泉藩領。検地は寛永8年・承応3年・貞享4年の3回。村高は,「田園簿」で873石余,「元禄郷帳」887石余,「天保郷帳」895石余で,以後変わらず。村の規模は東西9町・南北11町。北河原用水を使用。高札場は2か所。鎮守は神戸三郎の霊を祀ると伝える神戸明神社。ほかに神社は熊野社など5社。寺院は新義真言宗那智山万蔵院千眼寺。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数111・人口614,馬25。物産は米・麦・大豆・小豆・綿・木綿青縞などで,余剰は羽生・加須【かぞ】両町に出荷。明治12年北埼玉郡に所属。同22年手子林【てこばやし】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287226
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ