ケータイ辞書JLogosロゴ 小須賀村(近世)


埼玉県>羽生市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡羽生【はにう】領のうち。古くは須賀郷太田荘に属したという。はじめ羽生藩領,慶長19年幕府領,寛文元年甲府藩領と幕府領,宝永2年幕府領の一部が旗本高木氏知行となり,正徳4年旗本高木・大岡氏の相給,慶応3年からは幕府領。検地は承応3年。村高は「田園簿」428石余,「元禄郷帳」366石余,「天保郷帳」371石余,「旧高旧領」371石余。慶長11年羽生城主大久保忠隣は家臣の徳森・佐伯・桑原3氏に命じて百姓を還住させて荒地を開発したという(磯野文書)。村の規模は東西・南北ともに14町。化政期の家数40軒余。北河原用水を使用し,村内で南方用水と北方用水に分水。高札場は2か所。鎮守は天神社。寺院は新義真言宗自在山薬師寺。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数58・人口274,馬13。物産は米・麦・大豆・小豆・蚕卵紙・ソバ・醤油・青縞・木綿縞などで,蚕卵紙は東京へ,米麦・青縞は羽生・行田【ぎようだ】両町へ出荷。明治12年北埼玉郡に所属。同22年川俣【かわまた】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287298
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ