ケータイ辞書JLogosロゴ 小浜村(近世)


埼玉県>加須市

江戸期〜明治12年の村名県北東部,新川用水右岸の自然堤防上に位置する地名の由来は,昔小さな浜が当地にあったことによる(市史編纂室資料)埼玉郡騎西【きさい】領のうちはじめ幕府領,正保年間には川越【かわごえ】藩領,元禄7年再び幕府領となり,同11年からは旗本永井氏の知行となる検地は元禄15年村高は「田園簿」では163石余,うち田81石余・畑82石余,「元禄郷帳」では371石余,以後変わらず村の規模は東西8町・南北3町余化政期の家数30軒用水は新川用水を引く鎮守は王子社,神社は他に稲荷社・熊野社,寺院は新義真言宗青蓮寺高札場は村の東部に1か所小名は神明・蔵前・稲荷台明治4年埼玉県に所属同9年の戸数32・人口169,馬8物産は米・大麦・大豆,米麦の余剰は騎西町・加須【かぞ】町へ出荷同12年郡区町村編制法施行に伴い北埼玉郡南小浜村と改称現在の加須市大字南小浜のうち
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287351
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ