ケータイ辞書JLogosロゴ 小針内宿村(近世)


埼玉県>伊奈町

 江戸期〜明治22年の村名。足立【あだち】郡のうち。古くは伊奈荘に属したという。古くは小針新宿【しんしゆく】村と1村であったが,寛文年間の検地の際分村して小針内宿村となる。はじめ忍【おし】藩領,元禄11年幕府領,のち旗本春日氏の知行。検地は寛文年間・元禄2年。村高は「元禄郷帳」587石余,「天保郷帳」591石余。村の規模は東西5町余・南北10町余。化政期の家数60軒。用水は天水を利用。鎮守は氷川社,小針新宿村の鎮守でもある。神社はほかに神明社・弁天社など6社。寺院は浄土宗桂全寺,古くは小針新宿村にあり,極楽寺と号していたが,春日景定(元和2年没)が当村に住し,再興して寺号を改めたという。寺内に景定の母(天正18年没)の碑がたてられている。村の東に春日氏の陣屋跡といわれる旧跡があり,春日山と称している。ほかに新義真言宗東光院・天台宗延命寺などがある。高札場は村の中央。小名は宿・堀ノ内・戸崎・堀越など。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数100・人口534,馬20,水害予備船1,荷車6。羽貫村・小針新宿村に飛地があった。物産は米・大麦・小麦・大豆・綿・瓦などで,その多くを出荷していた。明治12年北足立郡に所属。同22年小針村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287359
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ