ケータイ辞書JLogosロゴ 小松村(近世)


埼玉県>羽生市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡羽生領のうち。古くは太田荘に属したという。はじめ羽生藩領,のち幕府領,甲府藩領,幕府領と変わり,寛政2年からは陸奥【むつ】泉藩領。検地は承応3年。村高は「田園簿」で570石余,「元禄郷帳」で528石余,「天保郷帳」では510石余。村の規模は東西17,8町・南北10町余。化政期の家数は61軒。高札場は村の北部。用水は北河原用水を使用。北河原用水は村内の圦樋で二分された。小名に若宮耕地・大久保耕地・石神耕地・五段地耕地など耕地名のつくものが多い。鎮守は羽生領72か村の総鎮守で,慶安2年徳川家から社領20石を拝領した熊野白山神社で,末社に平重盛を祀る小松明神があった。本地仏堂の阿弥陀仏の背面に永禄年代の当地の領主広田直繁の名が見える。寺院は新義真言宗観台山小松寺で,平重盛を祀るという。ほかに本山派修験山本坊・明見坊。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数77・人口381,馬16。熊野白山神社は郷社となり小松神社と改称。物産は米・麦・大豆・綿・木綿縞などで,余剰は羽生・行田【ぎようだ】両町へ出荷。小松寺は維新の際に廃寺となった。小松樋と称する近郷18か村組合の圦樋があり,これから分水するものを御嶽用水堀という。明治13年開盛学校設置。同12年北埼玉郡に所属。同22年岩瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287384
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ