ケータイ辞書JLogosロゴ 五明村(近世)


埼玉県>玉川村

 江戸期〜明治22年の村名。比企【ひき】郡のうち。はじめ幕府領,明和元年清水家領,寛政7年幕府領,文政8年清水家領,安政2年からは幕府領となる。ほかに円通寺は慶安2年朱印5石余を拝領。村高は「田園簿」で246石余,うち田117石余・畑129石余,ほかに紙舟役永750文。「元禄郷帳」では304石余,「天保郷帳」で301石余。検地は寛文8年,若干の新田は寛政6年。村の規模は東西11町・南北13町。化政期の家数90軒。文政10年の組合村構成では玉川寄場組合に所属。用水は天水を利用。鎮守は白石明神社,神社はほかに2社。寺院はもと天台宗で慶長年間中興の際改宗した曹洞宗円通寺。高札場は村の中央に1か所。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数85・人口473,馬28。物産は繭・米・大麦・小麦・大豆・小豆・アワ・桑・コウゾ・薪・茶・生糸・生絹・蚕種原紙・細川紙・半紙・美濃紙・西の内紙・生仙花紙。民業は主に農業・紙漉。公立小学校は円通寺を仮用,生徒数42。同12年比企郡に所属。明治22年玉川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287413
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ