ケータイ辞書JLogosロゴ 小室宿村(近世)


埼玉県>伊奈町

江戸期〜明治8年の村名県東部,綾瀬【あやせ】川右岸の大宮台地上に位置する足立【あだち】郡小室領のうち古くは小室郷に属したという小室郷8か村の1つで,古くは小室村と称したが,岩槻【いわつき】往還の左右に宿並みがあり,宿の字が加えられた伊奈備前守の陣屋があった頃は市なども立ったという天正18年関東郡代伊奈氏の知行,元和5年からは旗本伊奈氏の知行検地は明暦2年村高は「田園簿」で193石余,うち田100石余・畑93石余,「元禄郷帳」215石余,「天保郷帳」214石余村の規模は東西8町余・南北14町余化政期の家数49軒鎮守は本村の氷川社寺院は新義真言宗無量寺,同寺は古くは閼伽井坊と称し丸山村にあったが,伊奈忠次が境内に陣屋を築いたため廃寺のようになり,のち当村に再建され,天正19年寺領60石の寄進を受けた高札場は字宿にあり,小室郷8か村の兼用小名は宿・関口・中堤上・早ミチ場・元屋敷など明治4年埼玉県に所属同8年柴村ほか6か村と合併して小室村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287430
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ