ケータイ辞書JLogosロゴ 小谷田村(近世)


埼玉県>入間市

 江戸期〜明治22年の村名。入間【いるま】郡金子領のうち。古くは桂荘八瀬里に属したという。はじめ旗本五味氏の知行,宝永2年幕府領,同4年一部が旗本長野・神田氏の相給。幕府領は延享4年田安家領,文政年間再び幕府領,慶応3年からは下総佐倉藩領。検地は寛文13年。幕府領の古新田・武蔵野新田の検地は宝暦8年。村高は「田園簿」で550石余,うち田69石余・畑480石余,「元禄郷帳」685石余,「天保郷帳」993石余。小谷田武蔵野新田は「天保郷帳」で28石余。村の規模は東西20町・南北30町。化政期の家数120軒。天保年間174軒(歴史地理)。地内西部には田安家・長野氏,北部には神田氏の松林,また丘陵北麓の字牛沢には,金子十郎家忠にゆかりのある湧水の十郎清水があった。村内を青梅【おうめ】街道と八王子から日光への往還が通る。鎮守は氷川社。神社はほかに大般若宮・稲荷社など。寺院は新義真言宗東光寺で,開山は印融(寂年永正6年),開基は草分百姓の滝沢・増田・吉田・桑田の4氏という。同寺には寺領4石が付された。境内の梵鐘は,小谷田村の領主であった旗本五味豊旨が家臣43名とともに父備前守の偉徳をしのび延宝2年寄進し,銘文には「武州高麗郡小谷田邑」と記されている。ほかに地内には朱印2石余を拝領した明王寺(明治6年廃寺)がある。高札場は村の中央部に3か所。小名は坂東山・駒ケ沢・源氏峰など。明治初年東光寺を仮用して公立小学校開校,生徒数74。同9年埼玉県に所属。同年の戸数152・人口922,馬18。物産は繭・茶・木綿縞など。同12年入間郡に所属。同22年東金子村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287445
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ