ケータイ辞書JLogosロゴ 皿沼村(近世)


埼玉県>吉川市

 江戸期〜明治22年の村名。葛飾【かつしか】郡二郷半領のうち。古くは八郷風早荘に属したという。幕府領。慶長年間の開発にかかり,元禄年間に加藤村から分村したという。村高は,「元禄郷帳」101石余で,以後変わらず。村の規模は東西5町・南北12町。化政期の家数14軒。用水は新田方用水を利用。反別は田18町余・畑3町6反余。当村の年寄役を務めた鈴木六兵衛は,天明の飢饉などの災害に際して多額の救済金を醵出して,褒賞を受け苗字使用を許された。六兵衛ははじめ万平と称し,味噌屋を営んだ。ある日鶴が味噌樽におり,糞をして飛び去った。その糞は亀甲の形をしており,これをデザイン化したのが,亀甲万すなわち現在のキッコーマン醤油のマークという(古老談)。鎮守は稲荷社。ほかに神社は山王社・稲荷社。寺院は新義真言宗自性院。高札場は村の西部にあり,小名には堂沼耕地・大場耕地などがある。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数20・人口119,馬8,水害予備船12・耕作船4。物産は米・大麦。明治12年北葛飾郡に所属。同22年三輪野江村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287606
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ