ケータイ辞書JLogosロゴ 志多見村(近世)


埼玉県>加須市

 江戸期〜明治22年の村名。埼玉郡羽生【はにう】領のうち。古くは太田荘に属したという。はじめ幕府領,寛永15年忍【おし】藩領,同16年川越【かわごえ】藩領,寛文2年旗本松平氏の知行。検地は正保4年。村高は「田園簿」で1,231石余,うち田503石余・畑727石余,「天保郷帳」で1,349石余。村の規模は東西20町・南北10町余。化政期の家数100軒。鎮守は山王社,神社はほかに浅間社・愛宕社,寺院は曹洞宗長昌寺のほか3寺。高札場は村の南部に1か所。小名は樋口・はん塚・宿裏・小上・七段地。明治4年埼玉県に所属。同9年の戸数154・人口744,馬35,水害予備船1,荷車1。物産は米・大麦・小麦・大豆・木綿紺縞,米穀の余剰を加須【かぞ】町・羽生町へ,紺縞は加須町へ出荷。明治6年長昌院を仮用し公立小学校志多見学校を設立,生徒数は男104・女15。同12年北埼玉郡に所属。同22年志多見村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287663
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ