ケータイ辞書JLogosロゴ 下新田村(近世)


埼玉県>鶴ケ島市

 江戸期〜明治22年の村名。高麗【こま】郡のうち。古くは川越【かわごえ】領に属したという。もとは高倉村のうち。明暦年間頃上新田・中新田とともに分村したと思われる。寛永20年高倉新田と改称し,正保年間に下新田村としたとある(郡村誌)。はじめ幕府領,寛永16年川越藩領,元禄7年幕府領,天保元年清水家領,安政2年幕府領。検地は不詳。本村より10町余を隔てた東方に下新田村新田がある。享保年間に下新田村の当山派修験清宝院が開発,検地は享保2年で幕府領。村高は「元禄郷帳」で141石余,「天保郷帳」176石余。村の規模は本村が東西9町・南北3町,新田が東西2町弱・南北5町余。本村は水田がなく陸田のみ,新田も水田はなく陸田がわずかでほかは原野林。化政期の家数は本村に31軒,新田には4軒。高札場は本村の中央に1か所。鎮守は稲荷社。新田の寺院は当山派修験清宝院・華厳院・常福院・南蔵院。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数26・人口129,馬10。脚折【すねおり】村に飛地が1か所。物産は大麦・小麦・繭・鶏卵・大豆・アワ・ヒエ・芋・サツマイモ・桑・薪など。同12年高麗郡に所属。同22年鶴ケ島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287894
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ