ケータイ辞書JLogosロゴ 下新田(近代)


埼玉県>羽生市

 明治22年〜現在の大字名。はじめ新郷村,昭和29年からは羽生【はにう】市の現行大字。人口は明治22年426・昭和45年400。学区は新郷第1・第2小学校の2学区に分かれる。大物忌神社(明治初期湯殿権現社を改称)に明治39年征露記念碑建立。同40年の水害の際,地内を流れる関根落悪水路の排水をめぐり下新郷側と水論が起こった。その後も下新郷側とは利害相反し争論が続いた。大正15年電灯点火。昭和7〜13年会ノ川の改修工事が実施された。昭和34年簡易水道給水開始。旧暦1月23日栄新寺へ数百の馬が観音参りをし,のちに競馬を行った(大正10年頃廃止)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7287897
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ