ケータイ辞書JLogosロゴ 新郷(近世)


埼玉県>羽生市

 江戸初期の村名。埼玉郡のうち。初見は「家忠日記」で,天正19年6月6日の条に引用されている深溝松平家忠に対する徳川家康知行宛行状に「四千七百弐拾四石三斗壱升 新郷・下新郷・荒木・別所共に」と見える。同書の同年10月21日の条に「新郷市日を百塚に新市を立て引んとし」と見え,新市をたて,5・10日の六斎市が開設されたことがわかる。ついで文禄3年午3月21日の小笠原三郎左衛門某証状に「新郷・あひの川之堤見廻」とあり(武文),また慶長13年3月15日の検地帳に「武州騎西郡忍領之内新郷御水帳」と見える(下新郷,漆原文書)。のちの「田園簿」の上新郷の地か。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7288168
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ