ケータイ辞書JLogosロゴ 高倉村(近世)


埼玉県>鶴ケ島市

 江戸期〜明治22年の村名。高麗【こま】郡のうち。古くは川越【かわごえ】領に属したという。はじめ幕府領,寛永16年川越藩領,元禄7年幕府領,文政5年からは下総古河【こが】藩領。検地は慶安元年・寛文元年。持添新田の三角原新田(入間郡)・高倉新田はともに享保10年の検地で幕府領。明暦年間頃上新田・中新田・下新田を分村したと思われる。村高は「田園簿」で584石余,うち田10石余・畑573石余,寛文元年には高倉新田71石余・三角原新田6石余,「元禄郷帳」188石余,「天保郷帳」229石余,「旧高旧領」では本村219石余・高倉新田61石余・三角原新田363石余。村の規模は本村東西9町・南北8町余,高倉新田東西8町・南北2町余。用水は溜井3か所を使用。化政期の家数は,本村57軒・高倉新田10軒。三角原新田にはかつて幕府代官川崎平右衛門の陣屋が置かれ,寛政10年6月6日銘の川崎平右衛門生祠の碑が立っている。鎮守は本村が山王社,持添新田が熊野社。神社はほかに3社で,うち浅間社は模擬富士山で,享保年間に川崎平右衛門が築造したという。寺院は新義真言宗松栄山高福寺・秋葉山長泉寺。村の南部を日光往還が通り,松杉の並木がある。幕末頃高倉新田・三角原新田を分村したと思われるが,明治8年再び両新田を合併。同9年埼玉県に所属。同年の戸数65・人口306,馬21。飛地が西方に1か所と森戸新田のうちに1か所ある。物産は米・麦・繭・鶏卵・大豆・小豆・アワ・ヒエ・桑・茶・薪など。明治12年高麗郡に所属。同22年鶴ケ島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7288448
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ