ケータイ辞書JLogosロゴ 玉川郷(近世)


埼玉県>玉川村

 江戸期〜明治22年の村名。比企【ひき】郡のうち。一説に古くは妙覚郷に属したという。はじめ幕府領,宝永6年一部が旗本内藤氏の知行となり,文化9年幕府領と旗本内藤・安藤氏の相給。文政8年幕府領は清水家領となり,安政2年再び幕府領となる。幕末は幕府領と旗本内藤・安藤氏の相給。ほかに慶安2年春日社・光明寺はそれぞれ朱印5石余を拝領。村高は「田園簿」で518石余,うち田153石余・畑364石余,ほかに紙舟役永50文。「元禄郷帳」917石余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも935石余。検地は寛文8年,3か所の持添新田は元文5年・明和5年・文化6年。村の規模は東西30町余・南北28町。化政期の家数214軒。用水は都幾川を利用,水旱に悩む。都幾川の対岸根際【ねぎわ】には関東代官頭大久保長安により陣屋が設置され,上宿・中宿・下宿と町割もされた。男衾【おぶすま】・秩父【ちちぶ】・比企3郡にまたがる周辺42か村を支配したが元禄年間に廃止。また岩殿山より慈光寺に至る通称「巡礼街道」に沿う当地は,地方からの物資の集散地でもあった。伝承によると市は「柴宿」と呼ばれる所にまず立ち,その後「一ト市【ひといち】」に町割がされて立ち,続いて根際にも市が立った。市日は一ト市が3の日,根際が9の日の六斎市であったという(小沢孝一:天領玉川陣屋について)。文政10年の組合村構成では25か村の中核として当村に組合村の寄場が置かれた。鎮守は春日社,ほかに神社は13社。寺院は新義真言宗光明寺・同玉泉寺・同慈眼寺・曹洞宗竜福寺・同竜蔵寺・同竜法寺・当山派修験清宝院。高札場は村の東と北に2か所。小名に一市・二本松・寺家・玉壺・根際・下郷など。明治9年埼玉県に所属。同年の戸数249・人口1,106,馬71,荷車21。男は農・桑・山稼,女は農・桑・紙漉を主とした。物産は繭・鶏・鶏卵・大麦・小麦・大豆・小豆・アワ・ゴボウ・桑・コウゾ・茶・薪・炭・材木。公立小学校は竜福寺を仮用,生徒数136。同12年比企郡に所属。同22年玉川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7288623
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ