ケータイ辞書JLogosロゴ 堤(近代)


埼玉県>羽生市

 明治22年〜現在の大字名。はじめ村君村,昭和30年千代田村,同34年からは羽生市の現行大字。人口は明治22年426・昭和45年346。明治44〜45年,昭和33〜34年の2回にわたり,利根川堤防の引堤工事を実施。明治45年の工事で千方神社・延命寺が移転し,同年千方神社の獅子舞が廃止された。昭和3年地内に電灯が設置された。同24年村君中学校の校舎が建築されたが,同33年4月千代田中学校に統合され,校舎は村君小学校が使用。同37年村君中央簡易水道施設が小学校地内に設置され給水開始。字鍋田の地蔵堂が同53年4月延命寺内に移転した。昭和34〜37年,土地改良事業実施。同44年一部を大字下君村・名【みよう】に編入し,大字名・下村君・常木の各一部を当地に編入。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7288731
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ